プラセンタの注射と献血に注意!!

01166

プラセンタとは胎盤のことで、お腹の中の胎児が成長するために酸素や栄養を送り出す役目を持っています。短期間の成長をサポートする強力なパワーには健康を維持する働きを持ち、美容効果や女性特有のリズムを整える効果などを持っています。

人気の成分なのでプラセンタを含むサプリメントなどの商品が数多く出回っていますね。さらに吸収率を高め、より効果を実感するためにプラセンタの注射を選ぶ方も増えています。医療現場でも治療として扱われているプラセンタ注射ですが、安全性はどうなのでしょうか?

厚生労働省にも認められている医薬品なので、病院での注射にはそれほど心配はありません。副作用についても大きな問題は確認されていませんが、まれに発熱や発疹を起こす方もいるので注射後の経過はしっかり見守りたいですね。

美容目的としても多く用いられ、美容クリニックでも受けることのできるプラセンタ注射。ですが静脈注射やより高い美容効果を求め、他の薬剤を加えるカクテル注射には注意して下さい。どちらも危険な症状が現れたことがあり、投与は認可がされていません。プラセンタ注射を選ぶ際は料金や効果だけでなく、投与法や認可の下りている薬剤かどうかの確認を取れる信頼のできる病院を探して下さいね。

 

プラセンタ注射を打つと献血ができない理由とは?

胎盤を意味するプラセンタには生命の源とも呼ばれ、様々な栄養素を含んでいます。
医学的にも高い効果が認められているので、肝臓病や更年期障害などの治療にも使われています。美容にも効果があることから美容目的でも注射は用いられています。ですがプラセンタ注射をしたことがある方は献血できないことはご存知ですか?

プラセンタ注射をした人が献血を行い、それが原因で感染などの問題はまだ確認されていません。ですが現段階において、輸血時に検査を行うことができません。プラセンタはヒトの臓器から製造されているものなので輸血においても慎重に考える必要があるのです。

つまり今は明確な安全の確認を取ることができないので念のためということです。献血を受けることができないのは認可されたヒト胎盤のプラセンタ注射薬を使用した方です。美容目的などのため該当しない注射薬を使用した方も献血の前には相談をされると良いですね。

人気のプラセンタは様々な商品があり、サプリメントやドリンクなどの健康食品や化粧品があります。内服薬もありますが、これらのものを服用や利用した方は献血を行うことはできますよ。何か問題があってからでは遅いので、輸血を受ける方のためにも正しい申告を行いましょうね。

>>プラセンタ100の詳細はこちら

 

 

このページの先頭へ