プラセンタ100の安全性を要チェック!!

WS0137

プラセンタ100はデンマーク独自の厳しい基準をクリアした、かなり良質な豚だけを使用しています。畜産が盛んで安全基準も厳しいデンマークの豚は、日本の豚よりも高い評価を受けているんです。

更に使用する豚の食物、飼育者、飼育場所などを細かく細かくチェックして合格した豚です。国も、販売者も安全にかなり気を配り、細かいチェックを重ねて出荷しています。原材料の安全性は、他のプラセンタサプリメントと比べてもとても高いと言えるでしょう。

 

製造場所の工場について

プラセンタ100を製造する工場は、原材料の入庫から製造・出荷まで、全過程において製品が安全に作られ、そして一定の品質が保たれているということが認められた『GMP認定工場』です。

GMP認定工場は、効果や安全性などの品質がしっかり確保されていることが認定されている工場のことです。この『GMP認定工場』は、日本国内でもそれほど多くありません。プラセンタ100を製造しているのはしっかりと安心安全が保障されている、日本でも有数の工場なんです。

 

プラセンタ100の品質管理

aaa

プラセンタ100の原材料となる豚は、デンマークでトレーサビリティー(生産地証明制度)のもとに生産されています。豚の食物、飼育者、飼育場所をチェックし、さらにデンマーク独自の家畜に関する安全基準を満たした豚だけが、GMP認定工場で徹底した衛生管理のもとカプセリングされます。

プラセンタの原料としては、業界でもトップクラスの品質を誇る原料であると言えます。

 

添加物について

ソフトカプセルのプラセンタ100には、被包材としてゼラチンとグリセリンが添加されています。ミツロウ・グリセリンシボウサンエステルは乳化目的で添加されています。これらはソフトカプセルの場合、なくてはならない必要な添加物です。

他にプラセンタ100には数種類の油分が添加してありますが、どれも身体に良い効果がある油分です。

メーカーに問い合わせたところ、着色料なども使用していないそうです。ソフトカプセルの黄色は材料のビタミンの色なんだそうです。プラセンタ100は身体に悪いとされる添加物を使用していない、安心安全なプラセンタサプリメントなんですね。

 

プラセンタ100の安全性と品質まとめ

プラセンタ100は、生産から製造まで徹底した品質管理のもと行われています。質の高い良質な豚を原料とし、安全性が認定された工場でカプセリング。悪い添加物や着色料も使用していない、本当に安心できるプラセンタサプリメントです。

 

 

このページの先頭へ